あれれ?こぶしの汚れも少なくなった!?

目下、やたらと忙しくて
毛髪は、ほったらかし! お化粧もしない!
そんなクリティカルなときのぼくだ。

何とか、コーディネートは女子としての最小限の礼典
そんなに思っているけれど、家計に追われてしまい
それどころではないのです。

また、いまさら新しい恋愛を探り当てるでもないし
二度と完全に「居直りファッション」だ。

けど、同い年のA乳幼児は
果てしなくプリティーはお肌をしているので
など、うらやましいなという気持ちはもってある。
もちろん、私も「女子」には変わりないですから(苦笑い)

なので、A乳幼児のプリティーの内密を探ってみたら
こういう洗い石鹸の要綱インターネットにたどり着きました。

そのインターネットにある「泥」による洗い石鹸
それと、そのインターネットからエッジ先の品品評音をみてみると
「あれ?」という驚くことばかりだ。

たいてい「泥=洗い石鹸」と聞くと「う~ん」ですが
その「泥」は沖縄でとれたマリンシルトという
体にも、ものすごく相応しい原材料を含む「驚きの泥」だそうです。

ですから、形相だけでなく戦法の染みも少なくなった!
こんなびっくり&歓声もあります。

石鹸とかメーキャップ水とか、戦法にもついてしまうよね。
仮に、体に酷い原材料だったら
戦法の染みも小さくなったなど、ありえないことですから。

勿論、こういう洗い石鹸の用は「洗い」だ。
ですから、戦法の染みも少なくなったことは
まさに想定外の副産物ですよね。

あっ、私もこういう洗い石鹸を取り寄せて使っています。
そうして、形相だけでなく
戦法の染みが少なくなったことを実感しています。

いまでは、こういう洗い石鹸を分かるきっかけになった
A乳幼児にも謝礼!謝礼!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です